アカデミー委員会

アカデミー委員会基本方針

委員長 藤島 勇馬

TRAINING

 アカデミー委員会は1985年に久留米青年会議所に創設されて以来、すべての新入会員が必ず配属され青年会議所の基礎や礼儀・礼節を学ぶ委員会として35年という歴史を積み重ねてきました。メンバーは自分で入会した青年会議所がどういう団体なのか、理想である明るい豊かな社会とはどういう社会なのか理解を深め、JAYCEEとして共通の目的を持ち活動を行い、自覚を持ち率先して行動する人財へ成長していくことが必要です。

アカデミー委員会では青年会議所運動の基礎知識を学ぶ勉強会を委員会内で開催し、JAYCEEとしての基礎を身につけます。公開委員会の設営では、計画段階から総括まで仲間と意見を交わし合い、多様な意見から一つの答えを導くことで多くの学びを得る機会ができます。また、見たり聞いたりすることで満足するのではなく、当事者として責任を持ち、役割を理解し協力し合い行動することで仲間と達成感を感じます。また、これまでの公開委員会での学びを発信する10月担当例会では、青年会議所活動の基礎でもある議案作成から例会準備・当日の設営から運営で終わらず、決算議案作成までメンバーが携わり経験することで青年会議所の仕組みを理解します。そして、有馬押太鼓や久留米市民オーケストラと関わることで、シニアクラブの先輩方が築いてこられた歴史を継承し、先輩会員と例会や懇親会での交流を通して久留米青年会議所の伝統を継承します。また、各種大会や会議に参加をすることで青年会議所運動の更なる意識高揚を図り、アカデミーでしかできない活動及び、今後の活動を一人でも多くの仲間とできるように会員拡大をします。

一人ひとりが青年会議所を理解し多様な意見を出し合い、お互いを尊重し事業を構築していくことで生涯付き合うことのできる友情を育むと同時に、未来を創造できるJAYCEEへと成長することが、未来の久留米青年会議所の魅力となれることを確信いたします。

 

職務分掌

1.久留米青年会議所で活動していくための基礎を習得する

2.会員拡大を実行する

担当:久留米市民オーケストラ

PAGE TOP