会員拡大プロジェクト

会員拡大プロジェクト基本方針

常任理事 西山 小百合

結まーる

これまで会員拡大活動において様々な取り組みがなされて参りましたが、近年は卒業会員数や退会者数に対して新入会員の入会数が下回っているのが現状です。青年会議所活動において会員数の増強は事業を実施する上で必須であり、これ以上の会員数の減少は事業縮小を招き、さらには久留米青年会議所の存続の危機へと繋がります。このような現状を重く受け止め一人ひとりが自分ごととして捉え、会員拡大活動に参画する必要があります。

まずは、毎月会員拡大特別会議を開催し最新の拡大リストを理事メンバーと共有し、各委員会に落とし込みして頂くことにより、一人ひとりの拡大意識の確立を図ります。さらに毎月新たな拡大対象者情報の提出を促し、リストの更新を常に行うと共にプロジェクト内で精査し優先順位を設け率先して行動します。そして、会員拡大活動において会員の定着も大きな担いの一つであり、毎年退会者が出ている事実と向き合い一人ひとりが青年会議所活動に参画できる環境づくりを行います。3月例会では異業種交流会を行うと共に、青年会議所とはどのような団体なのかを拡大対象者に理解して頂ける例会を構築します。異業種交流会後も迅速なアフターケアを行い、確実に入会へと結びつけます。また、女性の社会活躍も目覚ましい中、女性会員の拡大は最早必須となりつつあります。そこで、地域で活躍する女性を対象に女性限定の異業種交流会を開催し、青年会議所活動に求められる女性リーダーの検証を行います。拡大対象者が様々な場面で久留米青年会議所に触れる機会を提供できるよう、例会や各委員会へのオブザーブ参加も積極的に促進して参ります。

毎月会員へ向けて何度も呼びかけを行うことにより、一人ひとりが会員拡大活動を自分ごととして捉え久留米青年会議所の理解度を深め自信を持って他者に魅力を伝えることのできる会員へと成長し、まだ見ぬ新たな魅力ある会員の拡大へと繋がると確信しています。

 

職務分掌

1.会員拡大に対する意識の向上を図り、全会員と共に会員拡大を実行する

2.新入会員の入会までのサポートを行う

担当:全国やきとリンピック in 久留米

PAGE TOP