• HOME
  • 会務運営グループ

会務運営グループ

会務運営グループ 基本方針

常務理事 中野 哲孝

~One For All~

 久留米青年会議所は九州地区大会主管を経験し、多くの成果や学びを得ました。この貴重な経験を65周年、そしてみらいへとさらなる飛躍に繋げるには、足元をより強固なものとしなければなりません。会務運営グループは基盤となる組織として、会を担うことにプライドを持ち、ひとのためを想い、互いを助け合う中で、互いに感謝する関係を率先して創り出し「ひと」と「ひと」をきびる力となり「会」をきびる力となる必要があります。

会務運営グループは、会の基盤として妥協のない運営を心がけ、楽しみながらメリハリを持った活動をしていきます。まずは、厳粛な総会・理事会・例会等の諸会議では、円滑かつ忠実な設営や運営を行い、JC活動では欠かせない各種資料等を正確に作成・精査し、効率よく会務運営を行うことで、それぞれの担いに集中できる環境づくりに努めます。そして、久留米青年会議所の信頼、評価向上のために法的管理やコンプライアンス管理を行うと共に、諸事業の予算・決算の精査・審査を行い健全な運営を行います。また、常任理事・委員長会議を開催し、情報共有や意思統一を行い事業成功へ向けて連携を図ります。渉外活動では各種大会の意義・目的・魅力を会員に発信し、参加推進を積極的に行うと共に、出向者への協力・支援を行うよう、会の設営を目指します。また、広報の在り方を考え、JCニュース・ホームページ・Facebookを活用し、会員は勿論のこと、対外の方にも久留米青年会議所の活動や魅力を多く感じていただけるよう発信します。そして、一年を通じて一人でも多く同じ志の仲間を増やすためにも、会員拡大に取り組みます。

 ひとのためを想い続け、互いを想い合い続けることで、会員同志がより強固に結ばれます。そして、結ばれた力で同じ志に向かい楽しく活き活きと活動することが、まちから必要とされる魅力ある団体となり、みらいの明るい豊かな社会の実現に繋がると確信します。

 

職務分掌

1.常任理事・委員長と連携し妥協のないメリハリを持った組織運営を行う
2.助け合い・忘己利他の精神を持って会員が活き活きと活動できる組織を作る
3.総会・理事会・正副理事長会議・例会等諸会議の設営・運営を行う
4.定款・規定等の法的管理やコンプライアンスに基づく議案等の精査・審査を行う
5.諸事業の予算・決算の精査・審査を行い健全な財務管理を行う
6.各種大会等の参加推進・正副理事長アテンド・出向者支援を行う
7.広報の在り方を考え対外対内に向け運動・活動の効果的な情報発信を行う
8.新入会員の情報収集を行い拡大方程式に則った会員拡大を実行する

担当:姉妹JC