会員育成委員会

 

会員育成委員会 基本方針

委員長 平岡 孝介

生生発展

 

久留米青年会議所は設立以来62年間、久留米のまちの明るい豊かな社会の実現に向けて尽力してきました。この活動はこれからも続けていかなければなりません。そのためには、全会員が今後も青年会議所活動を行えるように青年経済人として必要なスキルを向上させ、各々の事業所を存続発展させていく必要があります。また、これからも青年会議所として久留米のまちの発展に寄与するために、今一度、青年会議所の意義を考える必要があります。

久留米青年会議所の全会員が今後も青年会議所活動を行えるように、まずは委員会で全会員を対象として、各々が従事している事業所を存続発展させるために青年経済人として必要なスキルは何なのかを研究し、更にはそのスキルを身につけるにはどうすればよいのかを研究します。そして会全体に、そのスキルを身につけることができる実演形式の機会を提供します。また、講師を招き、青年経済人及び経済人としての見識が深まる機会を提供します。また、我々が青年会議所として久留米のまちの発展に寄与するために、委員会において、久留米青年会議所及びJCI、日本青年会議所の目的や歴史、運動を研究し、出向することの意義を研究します。そして会全体に、出向することが久留米青年会議所にとってどのように役立っているのかを認識でき、出向する意欲が湧く機会を提供します。更には、その研究の成果をこれから入会してくる会員にも伝えることができるように発信します。また、会員拡大においても、久留米青年会議所に入会して得られること、成長できることを一人でも多くの会員拡大対象者に伝えていき、委員会全員で一丸となって会員拡大を実行します。

事業を通じて、全会員が青年経済人として成長し今後も青年会議所活動が行えるようになり、また、青年会議所についての理解も深まることにより久留米青年会議所が発展し、我々だからこそできる久留米のまちの明るい豊かな社会の実現に貢献できると確信します。

 

職務分掌

1.青年経済人として必要なスキルを研究し発信する

2.JCI、日本青年会議所の運動や出向の意義を研究して発信する

3.会員拡大を実行する

担当:シニア合同じゃがいも大会