アカデミー委員会

アカデミー委員会 基本方針

委員長 冨松 靖高

Like A Pencil

 アカデミー委員会とは久留米青年会議所が持つ長い歴史やその中で育まれてきた伝統や習慣、礼儀礼節を習得できる土壌を育む委員会であります。同時に我々久留米青年会議所が目指している未来を共有する土台を作る委員会でもあります。仲間と共に様々な事業を構築する中で自分の色を見つけ、先輩会員とJC活動を通じ深く交流しながら自分自身を見つめ、自分の色を表現する方法を探る貴重な機会を提供し続ける必要があると考えます。

まず、入会後に個別の勉強会を行います。一青年経済人として、一JAYCEEとして礼儀礼節を学んで頂きます。更に、自らが所属するJCIや久留米青年会議所の歴史や伝統、習慣も学んで頂きます。その実践の機会として、アカデミーメンバー各々の特色を捉え、一人ひとりの顔が見える事業を企画し、メンバー同志の絆を深め、且つ積極的に先輩会員と深く交流が出来る複数回の公開委員会を開催致します。経験を積み、メンバー同志に出来た強い絆を武器に下から大いに久留米青年会議所を盛り上げて行きます。そして各種大会や他LOMの事業に参加する事の意義をしっかり落し込み、積極的に参加します。特に本年度は九州地区大会in久留米を主管致します。大きな大会を経験する事で次世代を担う未来の久留米青年会議所を支える人財に育てます。又、先輩方が大切にしてきた有馬押太鼓や創設に携わった久留米市民オーケストラに参画する事で、より深く久留米青年会議所を理解して頂きます。その体験を元に集大成として例会を開催します。最後にこの体験を沢山のメンバーと分かち合えるまだ見ぬ仲間を広げる為に会員拡大を実行します。

アカデミーメンバーがお互いの色を理解し、尊重しながら得てきた経験や友情は、時に迷い戸惑うJC活動の中で必ずや自らの心柱となり、メンバーを照らす一筋の光となります。その光が束となり、未来の久留米青年会議所を照らす希望の光となる事と確信します。

 

職務分掌

1.久留米青年会議所で活動していくための基礎を習得する

2.会員拡大を実行する

担当:久留米市民オーケストラ