• HOME
  • 久留米の人財育成委員会

久留米の人財育成委員会

久留米の人財育成委員会 基本方針

委員長 中村 大祐

1UP

 青年会議所は「明るい豊かな社会の実現」を理念とし、様々な事業や活動を行っています。だからこそ、私たち久留米青年会議所はまちから必要とされる団体であるべきであり、また、その団体に所属している私たち自身も魅力ある人財になることが必要です。会員一人ひとりがリーダーしての自覚を持ち、青年経済人として、みらいの人財に自信を持って堂々と思いを伝え、行動ができる存在に成長することが必要であり、求められる要素です。

委員会では、久留米青年会議所で活動している意味や意義を今一度考え、まちから必要とされ、みらいの人財に背中を見せることができるリーダーとなるべく、まずは、魅力あるリーダーとしての在り方を想像し、目指すべき姿へ向上することを目的とした事業を実施します。また、1年を通し、「こなす人」より「つくる人」を育成するため、生きていく上では欠かせない「食」を通じ、久留米青年会議所でしか表現、実行できない手法を用いた人財育成事業を構築します。その根底に据えておくべき核として、昔から日本民族が大切に守り伝えてきた大人の姿を見せることが、みらいの人財に最も大切なことだと考えます。日本古来の伝統ともいうべき、日本人の美徳を兼ね備えた模範となる大人が満ち溢れた、明るい豊かな社会の実現を目指し、「OTONANOSENAKA」運動の輪を広げます。また、みらいに必要なリーダーとしての逸材を外部にも求め、組織に新風をもたらす取り組みも必要だと考えます。ゆえに、会員拡大に向けた会議へ参画すると共に、対内外へ活動や思想を熱く語り、会員拡大へと繋げるべく久留米青年会議所の魅力を発信します。

本年の活動により、ひとがひとを見て学ぶことで、各人が久留米を創造する一人として自らが率先して行動できる魅力あり求められる人財に成長できると考えます。そして、一人でも多くのリーダーを育成することで、今後を託す「みらい」へ繋がると確信します。

 

職務分掌

1.久留米青年会議所だからこそできる久留米の未来を担う人財を育成する
2.みらいの人財に背中を見せることができる魅力あり求められる人財になる
3.新入会員の情報収集を行い拡大方程式に則った会員拡大を実行する

担当:シニア合同じゃがいも大会・クロスロードJCカップ