• HOME
  • アカデミー委員会

アカデミー委員会

アカデミー委員会

アカデミー委員会 基本方針

委員長 池田 一正

「和」

久留米青年会議所には、長い歴史の中で育み培ってきた伝統があります。それは会員同志がお互いに思いやり、礼節を重んじる精神です。その伝統を学ぶためには、新入会員一人ひとりが修練・奉仕・友情を念頭に、活動で感じる違和感を大切にしながらも、様々な活動で個性の違いをお互いに尊重しつつも、調和を図る志が重要です。未来を担う人財へと成長するためにも、同じ志を共有する仲間の「ひとの和」を築いていく必要があります。

アカデミー委員会では、新入会員がJAYCEEへの第一歩として、様々な事業へ積極的に参加をする大切さを理解していただきます。事業に参加し経験しなければ見えてこない青年会議所の意義を感じ、その中でルール・マナーを学び、さらに新入会員全員に基本セミナーを行い、青年会議所の基礎知識を習得することで資質の向上を図ります。その実践の場として公開委員会を開催し、スタッフ及びメンバーが事業の目的を見失わず、企画運営の過程を大切にいたします。失敗を恐れずお互いが価値観をぶつけ合うことで様々な発想が生まれ、それをお互いメンバー同志が認め合うことで新たな価値観を見出し、仲間と共に自ら責任を持ち役割を果たす行動で友情が芽生え、オブザーブしてくださる先輩会員に感謝を持ち交流を図ることで、組織の一員としての「ひとの和」が育まれます。さらに久留米市民オーケストラ支援や有馬押太鼓と関わる活動で、シニアとの結びつきを持ち歴史と伝統を継承し、理解を深めます。これらの活動をメンバーが有意義に感じ、一人でも多くの仲間と出会い「ひとの和」を広げて行くためにも、会員拡大を実行いたします。

一年間の活動を通して築いた「ひとの和」の一人ひとりが結び合うことで、会員同志に強い絆が生まれ、次年度以降活動する上での原動力となります。先輩や仲間との貴重な出会いで育まれた志は、久留米の未来を担うリーダーへと成長する第一歩だと確信します。

 

職務分掌
1.久留米青年会議所で活き活きと活動していくための基礎を習得する
2.各種事業を通じて多くの会員と交流し参加する喜び・楽しみを感じる
3.新入会員の情報収集を行い拡大方程式に則った会員拡大を実行する
担当:久留米市民オーケストラ