• HOME
  • まち結び構築プロジェクト

まち結び構築プロジェクト

まち結び構築プロジェクト 基本方針

常任理事 原口 隆介

 近年では熊本地震、そして九州北部豪雨と私たちが住まう近郊の地域において甚大な災害が起きております。青年会議所に所属する会員としてまちづくりを行う団体として有事への支援は欠かせません。そのためにも久留米市そして久留米の既存の各種団体との相互連携を模索し、また青年会議所間の繋がりをもう一度構築した上で、久留米青年会議所と行政・団体との関わり方や会員が役割を持って動きやすい組織を検討する必要があります。
まず2018年度が始まる時期までにプロジェクトで、現存している久留米市での組織及び動きを調査します。そして日本・九州地区・福岡ブロックとの連携も含めた青年会議所間の繋がりが、有事の際に久留米市と協働できる関わり方を調査します。また、久留米市をより良くし明るい社会の実現のためにも、安心して暮らせるまちの実現を目指していける事業を行います。それを基に、既存の各種団体も含めた久留米市と協議していき、久留米青年会議所にとっても有事の際に効率的にそして有意義に動けるのか検討します。そうした調査・検討結果を基にプロジェクトで、久留米青年会議所として久留米市を支援するための関わり方を考察し災害が発生した際に会員一人ひとりの動き、会員同志の連携をいかに効率的にしていくのか共有しやすい基盤を構築し、単年度制でも永年続く組織作りを行います。その構築した組織の力を発揮するためにも、久留米市及び既存の各種団体に発信していきます。また会員が増えれば有事の際にそれだけで大きな力になります。そのためにも会員拡大方程式に則ったかたちで、会員と協力して会員の拡大に繋げていきます。
青年会議所会員一人ひとりが有事への意識を大きなものにすれば久留米青年会議所が久留米市と関わることが多くなり青年会議所活動が必要とされる団体に成長します。さらに会員一人ひとりがまちを身近に感じて活動していき、今以上に活動ができると確信します。

職務分掌
1.久留米市や各種団体との有事の際の関わり方を検証・構築する
2.久留米のまちとの関わり方を考えあるべき関係性を検証・構築する
3.新入会員の情報収集を行い拡大方程式に則った会員拡大を実行する